カリキュラム

特徴
01

彫刻、陶芸、メディアアート
専門性の高い授業。

彫刻、陶芸、メディアアートの専門性の高い素材と手法とを深く体験することができます。

特徴
02

さまざまな素材や手法を組み合わせた作品づくり

1、2年次に体験した横断的な体験と専門的な体験の両方を組み合わせて自分に合った作品制作の方法をきっと見つけることができます。

特徴
03

広い視野と柔軟性の獲得

様々なジャンルで活躍する教員たちの指導により、新しい可能性を発見できます。

1~4年次までの大まかな流れ

1年次

1年次に造形学科内のさまざまな分野の横断的な授業があります。

芸術の力
領域基礎演習
造形基礎実習

各工房の専門授業と全学科共通の横断的な授業が組み合わ さっています。 さまざまな専門性を横断しながら自分にあったやりたいことを探ります。

2年次

立体造形工房(彫刻、メディアアート)または陶芸工房から選択できる、専門性の高い授業があります。

領域専門演習

1年次のさまざまな工房での体験をもとに、より専門性の高い制作を行えるように、各工房を選択して基礎をしっかり学びます。

3年次

3、4年次にはそれまで経験した横断性と専門性とを組み合わせて、幅広く自由な作品制作を行うことができます。

領域専門演習(自由制作)

1年次の横断性、2年次の専門性の高い授業をもとに各自が自由な制作を行います。 これまでに学んだ手法を組み合わせて作品を作ることもできるし、一つの手法を掘り下げていくこともできます。

4年次

卒業制作

4年間の集大成ともいえる卒業制作の準備に入ります。 複合領域では、彫刻、陶芸、メディアアートの専門の教員がいるので、さまざまな作品制作のスタイルに対応した作品を作ることができます。

ページトップへ